危険を未然に回避|みのり開発はあらゆる不動産のサービスを扱う人気業者

みのり開発はあらゆる不動産のサービスを扱う人気業者

危険を未然に回避

家

考えられる危険とは

空き家には、思わぬところにたくさんの危険が潜んでいます。大きく二つに分けることができ、空き家の所有者に関する危険と、近隣住民に関する危険です。所有者に関するものとしては、防犯面の危険があります。主なものは、空き巣による窃盗被害や、知らない人が住み着いてしまう可能性で、非常に大きなリスクです。自分では、空き家なので金目の物は無いと思っていても、管理をしていない家は空き巣に狙われる可能性が高まります。なぜなら、簡単に、しかもゆっくりと物色できるためです。他には、動物のすみかになってしまう危険性もあります。空き家になるのは古い家が多いため、屋根裏や床下に入り込みやすく、そこに住み着いてしまう可能性が高いのです。

近隣住民への危険は

空き家は、管理が行き届いていればそれほど危険ではありませんが、管理をしていないと、近隣住民へも同じ危険が発生してしまいます。空き巣に狙われた物件の近隣に住んでいる場合は、それ自体が大きな危険ですし、決して気持ちの良いものではありません。また、動物が住み着いてしまうと、その被害は近隣住民へ及ぶ可能性が高いです。動物の鳴き声や糞だけではなく、動物が持っている感染症のリスクもあります。他にも、管理がされていない物件にはゴミを不法投棄されるリスクもありますし、それを処理するためにはお金もかかります。それらを未然に防ぐためにも管理が必要ですので、自分で行うことが難しい場合でも、業者に依頼するなどの方法を考えていきましょう。